* 花とともに *

アクセスカウンタ

zoom RSS 北鎌倉 東慶寺 紅葉と晩秋の花

<<   作成日時 : 2013/12/07 10:21   >>

ナイス ブログ気持玉 39 / トラックバック 0 / コメント 0

東慶寺(とうけいじ)は、山号は松岡山、寺号は東慶総持禅寺。
寺伝では開基は北条貞時、開山は覚山尼(かくさんに)と伝えられます。

画像


縁切り寺として有名ですが この山門が中門で男子禁制の結界だったそうです。

画像


幕府寺社奉行も承認する縁切寺で女性の離婚に対する
家庭裁判所の役割も果たしていたそうですから、
やっと辿り着いて此の中門を見た女性達は安堵したんでしょうね!

画像


画像


現在は 円覚寺派ですが開山以来明治に至るまで本山を持たない尼寺で、
江戸時代には 松岡御所とも称した格式のある御寺でした。
前身が尼寺でしたので花も多くて『東国 花の寺100ケ寺』としても高名。

晩秋は 山茶花・椿も美しいヽ(^。^)ノ
画像画像


画像


≪東国花の寺とは≫ 
関東1都6県の「花の寺」と称される寺院が集まり発会。 
宗派や宗旨の隔てなく、仏さまの教えを基に、現代に生きる人々が、
心に「花」を咲かせて欲しいとの願いで結成されたそうです。 

「咲いた花みて喜ぶならば 咲かせた根元の恩を知れ」という言葉があります。 
花は、自分だけの力では決して咲きはしません。
土や水や光や空気、大自然の恵みを受け咲かせて戴いています。

我々人間も決してひとりでは生きていけません。
親をはじめ、数え切れない人々の恩恵を受け、
気がつかないほどに大きな働きのなかで、
因と縁によって生かされているのです。 

咲いた花ばかりに気をとら、見えない部分には、気がつかないものです。
東国花の寺を巡り、心静かにお参りすれば、花木をとおし、
仏さまはたくさんのことを気づかせてくださいます。 
そして、自然の恵みと、仏さまの恵みに感謝して、そっと手を合わせれば、
心の奥底に芽生えるものがあるはずです。
その小さな新芽は、いつの日か満開となる時を迎えることでしょう。
              (東国花の寺HPより抜粋させて頂きました)


本当に大自然に いかされていること
廻りの方達の恩恵に感謝です
そして拙いブログに御越し下さった皆様、ありがとうございました




申し訳ありませんがまだ御返事も出来ていません。
今回も コメント欄は伏せさせていただきます。
気持ち玉で足跡を残して頂けると有難いですm(__)m



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 39
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい
北鎌倉 東慶寺 紅葉と晩秋の花 * 花とともに */BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる