* 花とともに *

アクセスカウンタ

zoom RSS 10月研究会

<<   作成日時 : 2013/10/17 05:30   >>

トラックバック 0 / コメント 19

皆さま、御訪問と気持ち玉、沢山のコメントありがとうございました。
9,10月は 本当に忙しくて御訪問もリコメも出来ず申し訳ありませんでした。

10/14(日)に いけばな小原流の当地区研究会が有りました。
小原流研究院講師の茅 好美先生の御指導でした。

茅先生の展示花『琳派調いけばな』です。

≪花材≫
・石化鶏頭(せっかけいとう)
・尾花(おばな)
・木苺(きいちご)
・小菊(こぎく)
・玉菊(たまぎく)

画像



横からも

画像




※『琳派調いけばな』は 三世家元 小原豊雲先生の考案されたもので
 琳派絵画の趣を いけばなで表すものです。

 日本の四季の草花を花材に取り上げ
 花の個性を強調して装飾美を表現します。
 花型は無く草花の見つめ方、捉え方に主眼をおきます。




丸專講習会の『花奏』です。

≪花材≫
・万作(まんさく)
・尾花(おばな)
・竜胆(りんどう)
・吾亦紅(われもこう)

画像



※『花奏』(はなかなで」)とは 
 小原宏樹家元考案の交差美を表現する新花型です。
 現代生活の空間にマッチするように考えられています。 





昨日の台風26号は 関東直撃でした。交通網に影響が有り、
通勤、通学に普段の倍以上の時間が掛かったようでした。

皆さま、御被害は有りませんでしたでしょうか?
又、伊豆大島等の被害地復旧が進みますよう祈願しておりますm(__)m

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
これはスゴいと感じました。
見る角度でも全く違って見えるし、何より美しい。
実物を見たくなりました。
素敵な写真をありがとうございました。
koji
2013/10/17 07:21
>花の個性を強調して装飾美を表現します。
花型は無く草花の見つめ方、捉え方に主眼をおきます。<素敵ですね。
私は生きているお花達をそのまま見るのが好きなので
こう言う生け方だったら許せるかな〜〜なんて(笑)
ろこ
2013/10/18 17:10
はじめまして。
マダムグランジェの検索をしていてこのブログを見つけました。
とっても素敵に咲いてますね。全体が写ってませんが、高さのあるオベリスクのように見受けられました。台風の時などは倒れたりしませんか?室内に取り込むのでしょうか?
私もマダムグランジェを育ててみたいのですが、どんなオベリスクにしたら良いか悩み中です。
あんこ
2013/10/18 19:54
kojiさん コメントありがとうございます♪
『琳派調いけばな』豪華で美しいんですよ(*^^)v
花展とか御正月とか豪華な御花が欲しい時にピッタリです。
秋は華展も多いです。
御嬢様と花展に御出掛になるのも御勧めです。
御訪問ありがとうございました
kojiさんへeisui
2013/10/18 20:55
ろこさん コメントありがとうございます♪
どの向きが一番美しく見えるか
御花の基本は 花の捉え方のように思います。
ろこさんは 自然にいけてある御花が御好きなのですね。
自然に見える様に いけるのは一番技術必要で私は
未だ々、自然に見える様に挿せないのですよ〜(>_<)
もう少し、精進しませんと。。。

何時も暖かい御言葉、ありがとうございます
ろこさんへeisui
2013/10/18 21:05
あんこさん コメントありがとうございます♪

国華園で購入した『オベリスク・クロス』は高さが150Cm
組み立てずに済むのでこれにしました。

オベリスクが大きいので鉢も素焼きの40Cmをグーポットで購入しました。
大きいので部屋には取り込めず出しっぱなしですが
重量が有るので今回の台風でも大丈夫でした。

私は園芸は苦手なのですが手を掛けなくても大輪の花を
咲かせてくれるマダムグランジェは有難いですヽ(^。^)ノ
御参考になれば嬉しいです。
御訪問ありがとうございました
あんこさんへeisui
2013/10/18 21:42
お返事ありがとうございました♡
国華園さんを検索してみようと思います。
私もマダムグランジェを あんなに素敵に咲かせてみたいです。
あんこ
2013/10/19 09:06
とってもあったかな雰囲気ですね。
けいとうのフカフカ感がとってもかわいらしいですね。
秋のお花にポチ☆☆
音函
URL
2013/10/19 16:26
こんばんは♡
質問させてください。
マダムグランジェのオベリスククロスはオベリスクの中側にも鉄線?がありますよね。つるはオベリスクの周りにグルグル巻きにするのではなくて、主に中側の鉄線に巻かれてるのでしょうか?
あまり手をかけてないと書いてらしたので、特に何もせずにつるが適当に巻きついてる状態なのでしょうか?(それでも画像を拝見する限り、オベリスクの周囲につるが巻きついているようには見えないので)
あんこ
2013/10/19 19:04
鶏頭やキク、木イチゴの葉など、秋の素材をそのままに生かして、すてきな生け花ですね。
3つの水盤をこのように並べる方法もあるんですね。
下の交差する生け方は初めて見ました。斬新な生け方で驚きました。
りりい
2013/10/19 21:03
こんにちはo(*⌒―⌒*)o

沢山ご心配お掛け致しました(¨;)
いつも励まして頂感謝の気持ちで
いっぱいで す(>.<)(>.<)
元気に復活です!!
宜しくお願い致しますm(__)m

とっても素敵で豪華です(*^3(*^o^*)
珠派調活け花も花奏も
両方共大好きです(>.<)(>.<)
peko
2013/10/21 14:41
こんにちは♪
木苺も生け花の材料になるんですね〜
生け花も秋色になって来ましたね。
せんこ
2013/10/21 15:18
こんばんは^^

白い小さなお花が何とも可愛い。
こちらは紅葉・黄葉が始まってます。

素敵な生け花をいつもありがとう♪

betty@@
betty
2013/10/25 18:24
琳派調のお花素敵ですね。
最近この取り合わせの琳派を良く見かけます。
時期ですね〜〜。

丸専の花奏の講習だったのですね。
いつも思いますが花奏も最初のころからと少しずつ変わってきているように思いますよね。
どんどんいい感じになってきてる。

こないだまた鎌倉に行ってきました。大好き!鎌倉!
猫日和
2013/10/31 09:43
eisuiさん、こんにちは
ご無沙汰ばかりで失礼しておます。
石化鶏頭、豪華な鶏頭のお花ですね。
鶏頭のお花をこのように主にして生けられているのは、初めて見るような・・・?
見る角度によって、雰囲気が随分違いますね。
生け花からも、秋を感じられますね。(素敵)
kirari
2013/11/03 14:19
こんばんは、御無沙汰しています。お変わりございませんか?
ススキ、ほんと、早いものですね、秋を感じます。角度を変えれば、また雰囲気が、大きく変わっていいですね。
私、ワタをUPしました。生け花にも、使ってます。

荻野
2013/11/07 22:24
芸術の秋!
eisuiさん忙しくなりましたね
お花の世界って奥が深そう!
小さな花器のなかに四季の移ろいが
詰まってるんですから!
素晴らしい
清兵衛
2013/11/10 12:47
本当に素晴らしい生け花のお写真拝見させて
いただいました、生け花の事はよく存じ上げ
ませんが、器の中に小さな自然を感じます
それぞれの花の配置にゆらぎがあると言うか
人工的な配列が一切なく、そして女優さんと
引き立て役の方の競演が絶妙な舞台を想像して
しまいました
ノルウエーの猫の森の管理人
2013/11/13 00:26
お元気ですか?お久しぶりです(*^_^*)。寒くなってきましたので、風邪など引かないよう気をつけてくださいね☆
るりたん
2013/11/17 15:50
10月研究会 * 花とともに */BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる