* 花とともに *

アクセスカウンタ

zoom RSS 日本いけばな芸術展(小原流作品2)

<<   作成日時 : 2013/05/27 06:45   >>

トラックバック 0 / コメント 11

皆様何時も 温かいコメントありがとうございます♪
そして御訪問下さった皆様、ありがとうございますm(__)m

5/25(土)に≪日本いけばな芸術展≫ 
『咲きそろう、千の美』第2次展 を拝見して参りました。

開催場所:日本橋高島屋8階
第1次展:22(水)・23(木)
第2次展:24(金)・25(土)
第3次展:26(日)・27(月) 27日は18:00閉場となります。

195流派 1,050名の代表作家の作品を三期に分けて展示されています。

第三次は 今日、27(月)18:00迄ですので御興味のある方は
実際に 見て頂けると感動なさる事と思います。

写真ですと 感動までは伝わりませんものね。。。


遠方の方や実際に御越しの方でも
携帯では良く撮れないのでと依頼されました。

受付で ブログ掲載の御許可も頂きました〜〜〜ヽ(^。^)ノ



鈴木茂子先生

画像



工藤亜美先生

画像

綿毛を丹念に繋いで有りました。
画像





岩田佳川先生

画像

初めて会場で御逢いした小原流の会員さんから蟻さんがありましたよとの御報告を受けていました。
手作り為さるんでしょうね先生の御努力に驚きます。
画像


知地正和先生
画像

※岩田先生、知地先生、池脇先生の三人の先生の合作でしたが
  全体の御写真が撮れませんで残念でした(>_<)



鴨志田春穂先生
網、サランネットを銀に色付けして
蓮の蕾でしょうか柔らかい曲線が光に映えて綺麗でした。
画像




菊池瑞月先生
デリケートな曲線が美しくて驚きました。
会場に運ぶのも大変ではと思いました。
画像




茅好美先生
筍の皮を使って、鳥が飛翔するような躍動感が 有りました。
画像



小幡春永先生

画像



いろんな素材を駆使しての造形作品も有り、興味深かったです。
作品が多くて全部を見て頂くことは出来ませんが
会場の雰囲気、現代いけばなに御興味を持って頂けたら嬉しいです。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
今回の作品はどれも前衛的で、伝統に拘っていないお華の世界を垣間見た気分です。
木の皮まで使うなんて…すごいやん。
おーちゃん
2013/05/27 07:37
eisuiさん、こんにちは。
しばらくご無沙汰で申し訳ありません。

小原流の先生方の作品なのですね。
いろんな素材を駆使しての造形作品もあって、その
センスの高さに驚いています。
筍の皮を使った作品もありましたが、先生方の発想の
素晴らしさ、芸術性の高さ、素敵です!
何度も見せて頂きました。
目の保養をしましたわ〜♪

いつもばらいろ
2013/05/27 08:55
どの作品も素晴らしいです〜
家にいながら、見せてもらえて幸せ〜
やっぱりお生花はいいです。
pass子
2013/05/27 15:59
パパのような門外漢でも、感動できる作品ばかりですネ(^-^)/中でもやっぱ、筍の皮で作られた鳥の飛翔は、写真から優雅さと力強さが伝わってきましたヨp(^_^)q
昨日今日と東京だったのに、まるで時間の余裕がなくて_| ̄|○あればゆっくり見てみたかったで〜す(^_−)−☆★☆
にゃすけ
2013/05/27 21:00
このように、いろいろな素材を使っての作品、初めて見ました。
スゴすぎますね!細かい!素晴らしいですね!!
実際に見たら、きっともっと感動が大きいのでしょうね!
素敵な作品にポチ☆
音函
URL
2013/05/27 21:01
いけばな=生のお花を生けるだけではないのですね この作品を作るまでには運ぶことから始まるのですね どの作品もゆっくりとしみじみと見せていただきました  ありがとうございます^^
グランドマザー
2013/05/27 21:40
 高島屋での3期に分かれた展示、どれも見応えがあったことでしょう。さまざまな流派が一同に会して展示をする、というのはいろいろ見られて勉強になることでしょう。
 活け花というか、工芸というか、面白いものがたくさんですね。
なおさん
2013/05/28 04:48
こんばんは
色々な素材を使ってお花の生きている様子を表現されているのではと感じました。
自然の中で生きている繊細で過酷な様子まで感じています。
大作なのですね!
驚きでいっぱいです。
素晴らしい作品を見せて頂いてありがとうございます。
hanasaku
2013/05/28 19:48
前衛的な工芸の要素が強い作品には驚きでした。
私が若い頃の生け花では全く想像もつかない華道展で目からうろこ状態です。
楽しく見せてもらいました。
hitori-shizuka
URL
2013/05/28 20:42
こちらもすごいですね!
筍の革の作品が個人的に好きです♪
お花を活けるのが生け花と言う枠にとらわれず、ここまで進化していることにひたすら驚いて、感動しています。
TAMO
2013/05/28 21:30
綿毛を繋いだり筍の皮を使ったり…
現代いけばなって凄いですね!
大きな作品になるとイメージ通りに創るのも大変なんだろうなぁ〜
みつまま
2013/05/29 22:28
日本いけばな芸術展(小原流作品2)  * 花とともに */BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる