* 花とともに *

アクセスカウンタ

zoom RSS 3月研究会、見本花の花奏(*^^)v

<<   作成日時 : 2013/03/18 00:33   >>

トラックバック 0 / コメント 14

皆様、前記事には沢山のコメントありがとうございました♪
イースターと聞くと春が来たと思います。
今日も暖かくてコートが要らない程でした。

3月の研究会の講師は 工藤亜美先生でした。

花奏

≪花材≫
・雪柳
・ニューサイラン(3/20 修正)
・アネモネ
・レザーファン

画像



横からも

画像


アネモネ可愛いですね

亜美先生は いけるのが早くてと助手に入った方が驚いていました。

気がついたら御席に戻られていて
いけるところを拝見する暇が無いほどでした。
それ程、沢山いけていらっしゃるんでしょうね


3/20 追記

猫日和さん
こーえん先生、

ありがとうございますm(__)m

肉厚に見えたので サンスベリアかなと思ったのですが
無地に見えるし〜〜〜。
確かに中央に太い筋が有りますね(*^_^*)
ニューサイランに修正させて頂きました




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
切り花を見た瞬間に構図がすぐに出てくるてのがスゴいです。
お華をしはる人はその流派によっても生け方に気を付けながらですもん、ともかくスゴいです。
今回のも空間が色んなモノを想像でき、とてもステキなものと思いました。
おーちゃん
2013/03/18 08:03
素敵〜
粋な空間が、たっぷり感を醸し出し・・・有意義な研究会。eisuiさんのはどんなだったかな?
この葉っぱの名前は〜?う〜ん忘れてしまった。
pass子
2013/03/18 08:06
こんにちは お邪魔致します。

高く生けられた花は存在感がありますね。
難しそうです!(私が)
同じ生け花でも角度によって随分と雰囲気が
違いますね!?

先生は花材をご覧になった時点で生け方が頭に
膨らむのでしょかねぇ〜ご立派です。
ありがとうございました。
やっと
2013/03/18 10:00
イースターのアレンジとても素敵ですね
今回のも難しい活け方
感性で活けてしまうのでしょうか
素敵です
桜桃
2013/03/18 15:50
eisuiさん、こんにちは
ユキヤナギの白にアネモネの紅、対照的な色どり素敵です。
高さがあるけれど全体的に安定感があって、クロスさせたような活け方が、またイイですね〜。
kirari
2013/03/18 17:48
こんばんは♪
春が生き生きとしています!
ネコヤナギもアネモネも喜んでいるように感じます。
春の柔らかい風が吹いているようです。
hanasaku
2013/03/18 19:05
こんばんは、
真っ赤な、アネモネなんですね、白いユキヤナギと、よくマッチして、
いいですね。
外は、ものすごい強風で、大変な一日でした。
荻野
2013/03/18 19:51
花材を手にした瞬間にわかるのでしょうか。。。
試行錯誤で結局適材適所に入らず、オアシスは穴だらけ。長すぎると思ったら切りすぎたりと、ほんとに難しい。。。
何千回と活けたらこんな私でも手際がよくなるでしょうかね。がんばろっと。
黎明
2013/03/19 06:23
かっこいい作品ですね!
生け花も絵画や彫刻と一緒で、頭ですでに完成されているんでしょうか?
プロの方って迷いなく作りますよね。
こちらの先生もそういう方なんでしょうね。
TAMO
2013/03/19 19:45
亜美先生がいらして下さったのですね。

この葉っぱですか??サンスベリアだったら珍しい色ですね。

一見ニューサイランの赤のようにも思えましたが肉厚なんでしょうか??
猫日和
2013/03/19 20:30
綺麗ですね〜^^
でも、とっても難しそうですぅ。
私だったら、長い葉を一枚持ったまま、考えて終わってしまいそうです(笑)
ポチ☆
音函
URL
2013/03/19 23:32
こんばんは。
素敵な花奏ですね〜。亜美先生らしいかも(●^o^●)
この葉はもしかしてニューサイランではないですか?
真ん中に折り目(!?)もあるし…。  
こーえん
URL
2013/03/20 00:44
おはようございます。

へえー
かっこいい!
芸術的。
これがあっという間にできちゃうのですか?

すごいなあ。

活ける過程を見てみたいです。
koji
2013/03/20 07:01
こんばんは♪
ニューサイランって言うんですか?
葉の存在感が凄いです!
センスある活け方ですね〜
せんこ
2013/03/22 20:03
3月研究会、見本花の花奏(*^^)v * 花とともに */BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる