* 花とともに *

アクセスカウンタ

zoom RSS 写景盛花様式本位、梅、菜の花、日蔭

<<   作成日時 : 2013/01/13 01:43   >>

トラックバック 0 / コメント 12

前記事には 沢山のコメントありがとうございました
未だ、リコメが間に合っていなくて申し訳有りませんm(__)m


鳩サブレで御馴染みの豊島屋本店前の鳶の方のいなせな梯子乗り。
出初式などで見慣れた光景でしたが関東だけの風景だったんですね!



昨日1/12(土)は 御稽古始めでした。
研究会も有りませんしので『写景盛花様式本位』の御稽古をしました。
梅も菜の花も 咲いていないので寂しいですが


≪ 花 材 ≫
・梅
・菜の花
・日陰

画像


小原流では 写景盛花盛り花様式本位、梅をいけるときは 直立型で
遠景描写の『一木挿し』(いちぼくざし)の技法でいけます。

一木挿し(いちぼくざし)とは 小枝の無い太い幹(木・ぼく)を中心にして
枝を幹の前後に挿すことにより大樹の姿を水盤上に表す技法です。

太い幹(木・ぼく)の後ろに主枝を、前に副枝をいけます。
木と枝が離れないように 根元を木に添わせます。
中間枝三本のうち一本は 副枝の根元に低く短くいけます。

菜の花は 遠景ですので縮小していけます。

@横から見た図
太い幹(木・ぼく)の後ろに主枝を、前に副枝を構成します。     *小原流 様式修正より
画像

                          A水盤を上から見た図
                           七宝の置き方、挿し位地、日陰の置き位地の指示。


白梅を基本とし、紅梅、杏子は全体に 少し大きく構成します。
画像
                                        2012-3-19 撮影

御稽古の備忘録です。
御興味のない部分は スルーして下さいます様
御願い致します

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
 活け花のお稽古でまだ咲いていない梅や菜の花も使うのですね。これから咲いてくるのが待ち遠しい感じを出すのでしょう。

 実際に梅が咲いているところをよく見ておくのも大事なのでしょうねえ。
なおさん 
2013/01/13 05:22
お早うございます〜♪
いや〜。参考になります。
昔、草月流を少しかじったことはあるのですが・・
ずぶの素人と同じなんです。
=梅も菜の花も 咲いていないので寂しいですが=
何となくわかります。
でも、こういったシンプルな生け花もなかなか味わい深く、良いものですね〜。
反って、花材が少なくて、難しいのではないですか?
生け花を挿してある時の、真剣なまなざしが、目に浮かびます〜。



夕顔とひまわり
2013/01/13 10:09
こんにちは お邪魔致します。

新年のお稽古が始まりましたですか!
生けられました 花材が咲いて居なくても
お写真で十分に思いが届いていますよ。
御稽古の備忘録と〜っても嬉しいです。
ありがとうございました。
やっと
2013/01/13 16:37
こんばんは もうお稽古始まりましたね〜

魅せますね〜存在感のある梅の枝ぶりには、若い菜の花の緑。粋で素敵です。
pass子
2013/01/13 18:57
お花が無くても、枝と葉でこんなに格好よくなるなんて素敵ですね(*^_^*)。
うちには今庭に花がなくて、枝と葉ならいくらでもあるので、試してみたいと思います(^.^)/~~~。
るりたん
2013/01/14 10:22
こんにちは♪
未経験の私でも丁寧な説明でなるほど〜と思っちゃうのが不思議。
梅や菜の花が咲き出したら、さらに春らしくなりますね(*^^)v
せんこ
2013/01/14 14:27
コメント有難うございました。
とても嬉しかったです。
一木挿し、難しいですよねぇ。
なかなか、形にならず頭が痛いです。
綺麗にいけてありますねぇ。尊敬で〜すぅ。
リュウ姉
2013/01/16 13:21
思い出しました。
どこかに小原流の教科書あるはずです。
流石にお上手ですね。
ハッピー
2013/01/20 23:11
遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。
この時期外にでても枯れ木ばかりなんですがここは花がいっぱいで幸せを感じます^^
鎌倉もたまに行くのですが、一度お正月に行ってみたいものです!
本年も宜しくお願いいたします。
スティーヴ
2013/01/22 22:02
なおさん  コメントありがとうございます♪
>活け花のお稽古でまだ咲いていない梅や菜の花も使うのですね。
>これから咲いてくるのが待ち遠しい感じを出すのでしょう。
>実際に梅が咲いているところをよく見ておくのも大事なのでしょうねえ。
アレンジメントは 咲いている花を使いますが
いけばなでは 蕾を使うことが多いようです。
花材の出生を考えていけるように指導を受けています。
梅の自然な枝ぶりを再現するのは難しいです(>_<)

夕顔とひまわりさん コメントありがとうございます♪
>昔、草月流を少しかじったことはあるのですが・・
>ずぶの素人と同じなんです。
> =梅も菜の花も 咲いていないので寂しいですが=
>何となくわかります。
>でも、こういったシンプルな生け花もなかなか味わい深く、
>良いものですね〜。
>反って、花材が少なくて、難しいのではないですか?
>生け花を挿してある時の、真剣なまなざしが、目に浮かびます〜。
草月流は 中学生の時に習っていました。
其の後、縁が有って小原流を学びました。
各流派の美しさも有りますが 花の有る生活に癒されます。
シンプルな御花は 誤魔化しが効かなくて難しいですね(>_<)
確かに いけるときは真剣勝負ですね(笑)

やっとさん コメントありがとうございます♪
>生けられました 花材が咲いて居なくても
>お写真で十分に思いが届いていますよ。
>御稽古の備忘録と〜っても嬉しいです。
>ありがとうございました。
やっとさんの思いやりが心に響きます。
此方こそ 拙いブログに御越し頂き、ありがとうございましたm(__)m
皆様へ eisui
2013/02/02 00:26
pass子さん コメントありがとうございます♪
>魅せますね〜存在感のある梅の枝ぶりには、
>若い菜の花の緑。粋で素敵です。
先生に 見て頂いて やっと形になりました。
一木挿しは 難しいけれど好きです♪
pass子さんは 褒め上手だから
豚(eisui)も 煽てられて木に登りそうです(笑)
御訪問ありがとうございましたm(__)m

るりたんさん コメントありがとうございます♪
>お花が無くても、枝と葉でこんなに格好よくなるなんて素敵ですね(*^_^*)。
>うちには今庭に花がなくて、枝と葉ならいくらでもあるので、
>試してみたいと思います(^.^)/~~~
るりたんさんは 花器も剣山も有って、御庭の花木も有るんですもの
是非、いけてみて下さい。素敵ですよヽ(^。^)ノ
御訪問ありがとうございましたm(__)m

せんこさん コメントありがとうございます♪
>未経験の私でも丁寧な説明でなるほど〜と思っちゃうのが不思議。
>梅や菜の花が咲き出したら、さらに春らしくなりますね(*^^)v
私の備忘録だから 後で思い出せるように描いて有ります。
蕾ばかりでは 寂しいですね、咲いた御花も必要ね!
御訪問頂き、ありがとうございました(^.^)/~~~
皆様へ eisui
2013/02/02 00:42
リュウ姉さん コメントありがとうございます♪
>コメント有難うございました。
>とても嬉しかったです。
>一木挿し、難しいですよねぇ。
>なかなか、形にならず頭が痛いです。
>綺麗にいけてありますねぇ。尊敬で〜すぅ。
此方こそ ありがとうございましたm(__)m

此の日は 先生の御自宅で4時間ほど御稽古しました。
桜の時は 御花屋さんの御稽古場で1時間半ほどしか御稽古出来ません。
他にも生徒がいますし纏まらないです。一木挿し、本当に難しい。
リュウ姉さんのブログ、何時も楽しく拝見させて頂いています。
此れからも宜しく御願いします(^.^)/~~~ 

ハッピーさん コメントありがとうございます♪
>思い出しました。
>どこかに小原流の教科書あるはずです。
>流石にお上手ですね。
私も 紺色の古い教科書を持っています。白黒写真でした(笑)
先生に 見て頂いてやっと仕上がりました。
一木挿しは 難しいです。

スティーヴさん コメントありがとうございます♪
>遅くなりましたが新年明けましておめでとうございます。
>この時期外にでても枯れ木ばかりなんですがここは花が
>いっぱいで幸せを感じます^^
>鎌倉もたまに行くのですが、一度お正月に行ってみたいものです!
>本年も宜しくお願いいたします。
嬉しい御言葉、ありがとうございます。
御正月の鎌倉も良いですよ〜。混雑も凄いですけど(笑)
此方こそ、今年も宜しく御願い致しますm(__)m
皆様へ eisui
2013/02/02 01:07
写景盛花様式本位、梅、菜の花、日蔭 * 花とともに */BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる