* 花とともに *

アクセスカウンタ

zoom RSS 水仙の様式♪

<<   作成日時 : 2012/02/05 08:28   >>

ナイス ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 10

『2月6日はブログの日』だそうです!

「ブロ(26)グ」の語呂合わせで日本記念日協会から認定を受けているそうです。
無理やりすぎ?? 記念日って沢山有るんですね(笑)


水仙の御稽古をしました。
冬の花材ですので ちょっと遅いのですが 
其の季節でないと生けられませんし、
年に 1回は 御稽古しないと。。。

日本水仙は 香りも良く気品が有りますが有毒植物なんです!

毒成分はリコリン( lycorine )とシュウ酸カルシウム( calcium oxalate ) など。
全草が有毒で、鱗茎に特に毒成分が多いそうです。
致死量は10g、食中毒症状と接触性皮膚炎症状が有るそうです。

普通は、間違えて食べたりは しませんが
我が家には 悪戯猫jijiがいますので
注意が必要なんです〜〜〜(ー_ー)!!






写景盛花様式本位水仙近景です。

≪花材≫
・日本水仙 5本
・小菊
・日陰(ひかげ)

水仙は 1ぽんずつ はかま(根本の白い筒状の部分)
花、葉を外して組み直します。

初めに 分解しようとする水仙の袴(はかま)部分を
軽く揉み解して柔らかくします。

そ〜と真ん中の水仙の花を 抜きます。
内側の葉を抜き、次に外側の葉を抜きます。

左右の葉2枚づつ、花、袴(はかま)に分れました。 

次に 分解した葉を組み直します。

二枚の葉を 内側を短く揃えて持ち
軽く 上から下へ一気に親指の腹ですりおろします。

出来上がりの葉は 下記イラストのように高低をつけ
抜き取った袴に挿していきます。

最後に 根本を斜めにカットして花を挿しこみます。
画像
(いけばな小原流 様式教本イラスト)

ね〜! 出来上がりはシンプルだけど、
手順が 複雑だから1年に 1回くらいは
御稽古しないと忘れてしまうわ



画像


やっと生けあがりました


画像


日陰で 見えなくなりますが水仙の足元です。
私の備忘録ですので この辺も残しておかないと。。。


このブログは 私の老い支度でも有るんです。
祖母、父を看取った後、遺品整理をしましたが写真の整理が面倒でした。

御稽古の写真をブログにUPして置くと 子供達が 
少しは楽かなと思って始めた備忘録ブログなんです。

興味のない部分は 読み飛ばして下さいませ






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
水仙を拝見すると三世御家元を思い出します
初めていけたときは様式本首っ引きで
教場で最後まで出来上がらず
運転手さんが「お家元お時間です」とこられても・・・。
「僕の生徒が終わってないから」と待っててくださる
本当に冷や汗物でした
後 一から教えてくださって
御家元が一から教えることはめったになく
お手直しの間 諸先輩が後ろでずらり
これもまた冷や汗物でした^^
40年位前の出来事ですが昨日のようにまぶたに浮かびます
水仙の5株を見るたびに思い出します
ごくらく鳥花
URL
2012/02/07 09:48
水仙いいですよね〜。
でもなかなか難しくて・・・。

時間制限が無ければそれなりに頑張れそうなのですが研究家になると50分以内に全てを終えなければ成らないので汗汗・・・

今月は変形花器なのでそれが終わったら写景をしばらく続けてみようと思っています。水仙の図解の画像を頂きました。参考にさせていただきます。
猫日和
2012/02/07 21:12
おはようございます。
テキストもあるのですね。
剣山(?)も変わっていますね。
水仙、畑に生えているイメージがありましたが、漢字からすると水辺に咲く花なのですか。よく、ニラと間違えて食べる人がいてニュースになったりしていますよね。確かに猫がいる家に水仙を飾るのはいけないと聞いたこともあります。
私の街、積雪と言っても10pほど。リングドーナツのように市内だけ雪が積もらないんです。
naomin
2012/02/08 10:20
こんばんは。
本当に年に1度は手にしたほうがいい花材なのに、思えばこの冬私自身は水仙を生けていなかった...(((((^_^;)
瓶花には使ったのですが、葉組みは、お弟子さんがお正月花で使った方が2人くらいいたので、指導では触っただけでした...(((((^_^;)
毎年やっておかないと、研究会で5本いけるのはなかなか大変ですよね。
もうすっかり春の花をいける時期になってしまったので、もう今年はしょうがない。。。
こーえん
URL
2012/02/10 01:16
すくっと立つ水仙が凛々しく美しいですね。
jijiちゃん、いつものようにいたずらしないといいですが。
よくよく言い聞かせないといけませんねだめだよ、jijiちゃん!
黎明
2012/02/10 22:55
ごくらく鳥花さん コメントありがとうございます♪
三世御家元との思い出、羨ましい限りです。

ごくらく鳥花さんは私と同い年だから、40年前は 
二十歳位。お若い時から継続した成果が実っているのですね(*^^)v
水仙の5株を見るたび思い出す、素敵ですね♪私は 御稽古年月よりブランクが長いので苦労しています。頭も固くなっていますし、
少しづつ歩んでいくしか有りません(^.^)/~~~ 
ごくらく鳥花さんへeisui
2012/02/12 23:26
猫日和さん コメントありがとうございます♪
水仙は素敵だけれど 葉組は 本当に難しいです。
ブランクの方が長い私は 経験不足なので御稽古有るのみです(^.^)/~~~
猫日和さんへeisui
2012/02/12 23:30
naominさん コメントありがとうございます♪
>テキストもあるのですね。
>剣山(?)も変わっていますね。
テキストが有るので 学びやすいんです(^.^)/~~~
花止めの『剣山』は小原流の創始者が作ったものですが
『七宝(しちほう)』を使うことも多いんです。
水仙は 水鏡に映った我が身に恋したナルシスの生まれ変わりだそうです。
韮と水仙を同じ場所で栽培すると間違いの素になるので避けるよう言われていますし猫にも良くないですね!!
でも、御稽古は しなければ覚えられないので。。。
北海道でも全道が雪深いわけでは無いのですね(@_@)
naominさんへeisui
2012/02/12 23:47
こーえんさん コメントありがとうございます♪

こーえんさんはベテランですから 何回も水仙をいけているでしょう?私はブランクの方が長いので水仙は昨年、今年と未だ2回しかいけていません。
今までは 月3回の御稽古全てが研究会の花材でした。
今でも、社中の先生は研究会の点数に こだわって欲しいそうですが自分の年齢を考えると後20年御稽古しても20回しか生けられないわけです。
だから、その季節にしか手に入らない花材は なるべく生けたいと思うのです。
こーえんさんへeisui
2012/02/12 23:57
黎明さん コメントありがとうございます♪

水仙は凛として気高く美しいですね(*^^)vでも、綺麗な
花には 棘ならぬ毒が有るので猫がいるとね。。。
死ぬほど食べたりはしませんが吐くので目が離せません!!
黎明さんへeisui
2012/02/13 00:07
水仙の様式♪ * 花とともに */BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる